大切なことは、“終わらせる”ことと“優先順位を決める”こと

キャリアコンサルタントとしての勉強会に参加すると当然のことながら心理学の勉強もすることになります。

2015年度はかなり実践的な勉強会に参加させて頂くことができたように思います。

お陰で出来ることが増え、幅を広げられそうな気がしています。


その勉強を通して、改めて思ったことの一つに、

“終わらせる”ことの大切さがあります。


とあるTV番組でもそのことが語られていた場面がありました。


始まりがあれば、終わりもあります。


新たな一歩を踏み出そうと思ったり新たなる道に進もうとする場合、しっかりとそれまでの事を終わらせないといけません。

しっかり終わらせないと、そこから抜け出せないままで新しいことに向かっていけません。
しっかり終わらせないと、未練が残ります。

終わらせることができないようなことであれば、終わらす必要がなく、新たな道に進む必要がないのかも知れません。


もし本当に新たな一歩を踏み出したいのであれば、それまでのことにしっかり終止符を打つ。
その為には、優先順位を決めないといけません。

優先順位を決めていなければ何が大切なのかが解らなくなってしまったり、本当に大切なものを疎かにしてしまうことになります。

自分にとって本当に大切な、もの・ひと・こと、は何なのか。


どんな場面でも優先順位はあって当然のことです。


会社であれば、自社にメリットのある取引先と優先的に取引しようとします。

社内の上司は、能力の高い人材に重要な仕事を任せようとします。

日頃の人付き合いの中でも、自分の好きな人の肩を持つのが人間です。

全てを横一列に並べてしまっては何も決められなくなりますし、相手に対して失礼です。

ずっと協力関係にあった会社といきなり参入した会社を理由もなく平等に比べることは、ずっと協力関係にあった会社との関係をゼロにしてしまっていることになります。

能力も見ずに部下はみな平等などと言う上司なんていたら、能力のある部下は離れていってしまうでしょう。


優先順位は常に必要です。

ただ、その順位は永久に変えてはいけないものではなく、必要に応じて変えることもできます。


人の生き方は一人として同じ人などありません。

正解もありません。
正解があるとすれば、自分に嘘をつくことなく、自分が納得できているもの、それが自分にとっての「正解」です。


人の優先順位を入れ替えるということは、時にはお世話になった人との決別をすることも必要だということです。

人への感謝の気持ちを持つことは大切ですが、それに縛られてしまって自分を押し殺してしまってはいけません。

自分を押し殺していれば、しんどくなって偽りの世界を生きることになります。


人生をより良いものにしていくためには優先順位を決め、必要に応じて一つ一つの物事を終わらせて行くことが必要なのではないかと思います。




スポンサーサイト

テーマ : 幸せに生きる
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

AKI  REIKO

Author:AKI REIKO
京都生まれの京都育ち。現在は大阪在住。
華道小原流を2年ほど学び、10年ほどのブランクの後、フラワーアレンジメントの世界へ入り約10年。
2010年7月NFD講師認定を受けました。
生花のみならず、プリザーブドフラワーやアートフラワー、鉢物に至るまで、浮かんだイメージ・頂いたイメージをお花で表現することにこの上ない喜びを感じています。そしてその作品が見て下さる全ての方に感動や安らぎを与えられるものとなるように心を込めて作成しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
かうんたー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア